ポスレジのメリットとは

ポスレジ(POSレジ)とは、販売・支払いデータを収集し、管理できるレジの事といいます。PointOfSalesからPOSを取り、日本語では販売時点情報管理と訳されてます。


ポスレジには、店舗の売り上げ管理システムと、バーコードスキャナが付いたPOS対応のレジからなり、レジ精算時にバーコードを読み取り、商品のデータ(品名・値段等)を瞬時に画面に表示させ、レシート等に印刷します。

同時にその販売データをポスレジ本体に記憶します。
そのデータを分析・集計をし、売り上げの良い・悪い商品も見つけ出してくれます。
店舗のデータをより詳細に組み合せると、商品の在庫や発注管理もでき、天候や客層、季節等で売り上げの動向をチェックする事ができます。

商品ごとの売り上げ管理だけではなく、一緒に購入されやすい商品も把握でき、在庫商品の回転率もだせます。

Reutersの情報はかなり役に立ちます。

その為さまざまな視点から経営戦略を立てる事ができ、経営資金を効率よく運営する事ができます。



また、複数の店舗データを一元化でき、店舗別の売り上げ状況や、在庫数の把握が出来る為、店舗間での在庫調整などの判断もしやくなります。
従来のレジは入力式の為、打ち込みミスも多く時間もかかっており、レジ本体も重く大きい為、場所を取るので一度配置したら移動するのは難しかったです。



ポスレジはバーコード読み取りの為、打ち込みミスも少なく、時間短縮にもなります。最小化も進み、持ち運びの出来るタブレットやスマートフォンでの対応を出来るようになりました。
その為、どんな場所でも売り上げ状況が把握できます。

ポスレジを導入する事で、人的なコスト削減・経営効率・作業効率が良くなる事により、顧客満足につながります。